ゼノア こがるミニ

 トップハンドル型チェンソー(チェーンソー)の代名詞とも言っても過言ではないハスクバーナ・ゼノア株式会社の「こがる」シリーズ。その中でもエンジンチェンソーで世界最軽量のこがるミニの軽さは他のエンジンチェンソーを圧倒しています。更に平成28年10月より重量そのままにエンジン始動が楽なG2100T「スゴラク」。25CCクラスのハイパフォーマンスを実現したG2200T「スゴキレ」の販売を開始しています。
・本ページに掲載「こがるミニ」のスペック
・メーカー ハスクバーナ・ゼノア株式会社
・型式  こがるミニG2000T  ・排気量 18.3cc
・寸法(長さ×幅×高さ) 270×190×190mm
・本体乾燥重量 2.2kg※
・バーサイズ 20cm(8インチ)カービングバー(CV)
・チェーンサイズ 25AP(52コマ)
・燃料タンク 0.17L ・オイルタンク 0.16L
・始動方式 eスタート  ・実購入価格6~7万円
 ※全装備、給油満タン状態での実測値で約2.6~2.7kgの重量となります。

・2014年のモデルチェンジ
 ・型式  こがるミニG2050T
 ・メーカー希望小売価格65,400円~(税抜き)
旧モデルとの差異点:
 ・特徴 出力18%向上。操作性、整備性、切れ味が改良・改善されたモデル。

・平成28年10月販売開始の新モデル2機種
・型式  こがるミニG2100T 「スゴラク」
旧モデルとの差異点:
 ・バーサイズ 20cm(8インチ)、25cm(10インチ)
  軽量スプロケットノーズ、軽量特殊ハードノーズ
 ・メーカー希望小売価格57,800~66,000円(税抜き)
 ・特徴 従来機比 -30%の軽い力でラクにエンジンが始動できる。ガイドバーに25cm(10インチ)が装着可能。

・型式  こがるミニG2200T 「スゴキレ」
旧モデルとの差異点:
 ・バーサイズ 20cm(8インチ)、25cm(10インチ)
  軽量スプロケットノーズ、軽量特殊ハードノーズ
 ・チェーンサイズ 25AP(20cmバー52コマ、25cmバー60コマ)
 ・メーカー希望小売価格63,400~71,600円
 ・特徴 25cc並みのハイパフォーマンスで切断能力を大幅に向上。ガイドバーに25cm(10インチ)が装着可能。

・軽量重視のトップハンドル型製品の他の重量
平成24年9月現在
・リョービ
 ESK-3625V 排気量35.2㏄ 重量3.9kg(全装備) 実購入価格4~5万
・共立(やまびこ)
 CS260T 排気量26.9cc 重量2.7kg(本体乾燥重量) 実購入価格5~6万円
・ゼノア
 こがるG2501T 排気量25.4cc 重量2.6kg(本体乾燥重量) 実購入価格5~6万円

こがるミニの外観など

チェンソーの外観 大きさ比較
 トップハンド型のこがるミニと、リアハンドルのリョービです。
 こがるミニは、8インチ(200mm)のガイドバーを装着。
 リョービは、14インチ(350mm)のガイドバーを装着。
 並べると大きさの違いが一目瞭然です。
チェーンソー外観 大きさ比較
 ・上部からの見た写真です。
チェンソーのハンドル ハンドル部分の比較
 手前: トップハンドル型
 奥 : リアハンドル型
こがるミニの重量 実際の使用重量
 全装備+給油状態の重量です。
 2.6~2.7kg程度の重量です。
 黄色のリョービは5kg程度のものです。
農業機械の内の各ページ
 ・チェンソーの種類と用途
  ・軽いゼノアチェンソー こがるミニ
   ・刈払機

ページトップに戻る