果樹栽培ナビ > 果樹の害虫と益虫 > ダニ類 > ハダニ駆除薬剤の効果

ハダニ駆除薬剤の効果

 ハダニを駆除するための農薬にはハダニの卵や幼虫、成虫等のステージによる効果の違いがあるだけでなく、ハダニの種類によっても農薬の効果(殺虫率)がことなり、メーカーの商品説明だけでは判断できない点が多くあるため、実験による効果データーを参考にすることが重要です。
梨に関するハダニ類の各種薬剤資料
ナシにおけるハダニ類
の薬剤感受性検定
http://www.pref.
tottori.lg.jp/secure/
113923/2-13.pdf
 鳥取県おける主要ハダニ、カンザワハダニ、ナミハダニ、クワオオハダニにおける薬剤感受性検定の結果報告。
 12種類の殺ダニ剤の薬剤感受性について、3種類のハダニに対する殺ダニ率・殺卵率を3区分で評価している。
 薬剤により3種類のハダニに対して高い効果がある薬剤がある一方、特定にハダニ対して効果が低い薬剤があることがわかる。
「参考」果樹ハダニ類
防除薬剤特性表
 ハダニに対する殺卵力、殺虫剤における効果。残効性、作用性、サビダニへの効果、天敵への影響に関する一覧表。
 19種類の殺ダニ剤に薬剤効果が示される。
ダニ類
 ・ハダニステージ(卵、幼虫、成虫)による薬剤効果は、ハダニ駆除薬剤の効果へ

ページトップに戻る