代表品種   ・・・・8月~幸水 、 9月~豊水・二十世紀 、 10月~新興・新高
栽培難易度・・・・ ★★★★★
おすすめ度・・・・  ★★
ガーデニング植木のおすすめ度・・・・★★
初収穫までの期間・・・・ 3年~
収量見込み・・・・ 管理人は梨が本職のため正にプロ。成木1本で、200~300個なる。趣味の栽培では、想像がつきません。
必要設備・・・・ 棚。防鳥ネット。
病害虫被害・・・ 木と実、共にやや病害虫に弱い。
栽培特性  ・・・・
 品種により、病気の被害に差がある。オススメは豊水。自家結実しにくいため、異品種を植える必要がある。結実には長十郎か新高がおすすめ。
その他
 自根での収穫はほぼ難しい。西洋梨と日本梨では、同じ木に接木をしてもうまく育たない。
ワンポイント!
 冬の剪定時期に切り口からの病気が入り、たちまち枯れることがある。品種では、豊水が病害虫に強く、収穫が期待できる。
 肥料(追肥)の時期により、実の甘みに大きく差が出来る。
 キューイと同様に、ホームセンターで市販されている足場用単管パイプを利用すると、安価でしっかりした棚が作れる。
 日本梨の新興梨等は、収穫時期が遅く日持ちもするため食べることを長く楽しめる。
新興梨
晩生品種の新興梨
新興梨
梨の花写真
梨の花
梨園の写真
梨の果樹園

ページトップに戻る