カメムシ類

主な種類
 共通     ・・・・ クサギカメムシ(茶色い体)・チャバネアオカメムシ(緑の体に茶色い羽)
            ツヤアオカメムシ(緑の体)・アオクサカメムシアオクサカメムシ
 別名、「ヘクサムシ」「ヘッピリムシ」「ヘコキムシ」「ヘクサンボ」等、地域によって様々な呼び方があります。
被害概要
 果実を吸汁することにより、実の変形、落果、変色。

対処と予防
 カメムシは年中存在するが、果樹の被害は果実吸汁による落果被害や奇形が中心。
 春から秋(4月から10月)までの長期間に渡り警戒が必要な害虫です。
 越冬数が多い年・多量発生する年と、発生数の少ない年とに大きな差があり、発生状況による合わせた防除が必要となります。
 小屋・落ち葉の下・防風林の常緑樹の樹上、樹皮の隙間などで越冬する。
 カメムシ類は寒さに弱いため、暖冬により降雪が少ないと越冬数が多くなり、警戒が必要となります。
その他
 果樹では基本的に飛来により被害を発生させます。一度飛来すると集合フェロモンを出すことで仲間を呼び寄せる特徴があるため、早期防除が必要な害虫です。

・カメムシ類
 ・カメムシ類防除の農薬については、カメムシ防除農薬の残効性

ページトップに戻る