果樹栽培ナビ > 果樹の害虫と益虫 > カミキリムシ類 > カミキリムシ駆除の薬剤効果の残効性

カミキリムシ駆除の薬剤効果の残効性

 ゴマダラカミキリムシに代表されるカミキリムシ類に効果の高い農薬は、ダントツ水溶剤やモスピラン水溶剤に代表されるネオニコチノイド系と、オリオン水和剤に代表されるカーバメート系の農薬やスミチオン乳剤等の有機リン系があります。
 特にダントツ水溶剤やモスピラン水溶剤については、散布後にも食毒による強い防除効果(残効性)が確認されています。

薬剤種類と希釈倍数によるカミキリムシに対する残効性

<降雨がない時の残効性>   
 ネオニコチノイド系  希釈倍数  食毒による死亡割合
3日後※1 7日後※2
 ダントツ水溶剤 4000 10割 8割
 モスピラン水溶剤 2000 7割 ほぼ10割
※1 雨除けによる薬剤散布3日後、48時間経過後の結果
※2 雨除けによる薬剤散布7日後、72時間経過後の結果 

<降雨がある時の残効性>
 ネオニコチノイド系 希釈倍数 食毒による死亡割合
1日後※3 3日後※4 7日後※5
ダントツ水溶剤 4000  8割 1割 2割
モスピラン水溶剤 2000  9割 1割 1割
モスピラン水溶剤  4000  3割 0割 1割
スタークル顆粒水和剤 1000  7割 0割
有機リン系 希釈倍数 1日後※3 3日後※1 7日後※2
スプラサイド乳剤 1500 0割 0割 -
ダーズバン乳剤 1000 1割 0割 -
カーバメート系 希釈倍数 1日後※3 3日後※1 7日後※2
オリオン水和剤  1000 9割 - -
 残効性による食毒による死亡では、接種開始より継続して接種する2~3日間の期間が必要。死亡割合は、試験による結果のため条件下で異なる。参考にした試験内容では、伊予柑による試験。

スミチオンの残効性に関する参考 

モモ果実におけるモモノゴマダラノメイガ若齢幼虫の残効期間
薬剤名 希釈倍数  残効期間
スミチオン水和剤 800 21日
モスピラン水溶剤 2000 10日
 試験期間中、降水量が極めて少ない期間での試験結果。
 異なる害虫(カミキリムシ)に対する残効期間では大きく異なることが前提での参考です。

参考資料(外部リンク):
愛媛県 > 仕事・産業・観光 > 農業 > 研究開発 > 農林水産研究所 果樹研究センター > ゴマダラカミキリに対する薬剤の効果
https://www.pref.ehime.jp/
kashi/paneru/documents/
23sankande22_1.pdf


参考資料(外部リンク):
岡山県農林水産総合センター 農業研究所 試験研究主要成果 >
4. モモノゴマダラノメイガ若齢幼虫に対する各種殺虫剤のモモ果実での残効性(情報)
http://www.pref.okayama.jp/
norin/nousou/noushi/
seikaPDF/h17/17kaju-4.pdf

カミキリムシ類
 ・カミキリムシに効果がある農薬については、カミキリムシ成虫の駆除
  ・農薬の具体的な効果については、カミキリムシ駆除の薬剤効果の残効性へ
   ・木の幹に巣食う幼虫については、カミキリムシ幼虫退治

ページトップに戻る