心腐れ症 

・被害箇所
 果実内部の芯
・影響
 収穫期及び収穫後に内部から腐敗
・時期
 感染期:開花期・幼果期    発生時期:収穫時期
・越冬情報
 枝の病斑や芽(ぼけ芽)で越冬するため、剪定時の除去が効果的。
・対処
 発生が確認できたときは、既に収穫時期のため、根本的な対処方法がないが、熟すとより発生数が多くなるため、早めの収穫(色づきが浅い)により被害個数を減少させることができる。
 胴枯病菌に効果のある薬剤散布。摘果作業により感染し難い実を残すこと等で予防することができる。

 よし詳しい専門的なことについては、「梨芯腐れ症の予防と対策方法」で紹介しています。

梨の心腐症写真

芯腐病の画像 芯腐病の梨
 外観では全く異常がない、芯腐症の梨の実です。
 本職でも全てを発見するのは極めて困難です。
梨の芯腐病の写真 梨の断面写真
 外観は異常なくても、内部は大きく腐敗しています。
芯腐病の拡大写真 腐敗部分の写真
 芯の部分を中心に周りへの腐敗が広がっています。
・芯腐れ症
 ・予防にについては、梨芯腐れ症の予防と対策方法
 ・効果のある農薬については、心腐れ病に効果のある薬剤

ページトップに戻る