果樹栽培ナビ > 梨の病気被害と対策 > 黒星病 > ナシ黒星病対策専門資料 > ナシ黒星病のDMI剤の防除効果・残効性・耐性菌対策 

ナシ黒星病の予防薬の防除効果・残効性・耐性菌発生リスク 

 梨に黒星病の特効薬として使用されるエルゴステロール生合成阻害剤は、非常に効果的な効果(防除価)がある反面、耐性菌に対する懸念が大きい薬剤です。効果及び耐性菌対策に用いる混用の一覧表です。

・DMI剤(EBI剤)
 DMI剤は、梨の黒星病に対する非常に大きな効果がある反面、同一系統の成分であるため常に大きな耐性菌発生リスクが伴います。
 また、これに代わる効果的な薬剤は存在しないため、耐性菌発生リスクは非常に重要であり、使用回数は、DMI剤の種類を問わず合計で年2回程度に留めておく必要があります。

・表記する値について
 各薬剤の効果と残効期間は、個別に公表されている試験データの中から、近い条件で行われたデータをベンチマークとして、全体を指標化したものです。
 同一条件で実験された結果ではなく、あくまで目安として参考にして下さい。なお、使用する時期による梨の各ステージおける感受性の違いでも実際の効果には差があります。

DMI剤の効果一覧表

商 品 名 成 分 名 予防
効果
残効
期間
種  別 耐性菌
発生リスク
備 考
アンビルフロアブル ヘキサコナゾール水和剤 90 18 DMI剤 極高 DMI剤合算で
年3回以下
スコア水和剤10※ ジフェノコナゾール 86 18 DMI剤 極高
インダーフロアブル
 5,000倍
フェンブコナゾール 84 20 DMI剤 極高
インダーフロアブル
 10,000倍
フェンブコナゾール 82 20 DMI剤 極高
マネージ水和剤 イミベンコナゾール 75 14 DMI剤 極高
オーシャイン水和剤 オキスポコナゾールフマル酸塩水和剤 71   DMI剤 極高
オンリーワンフロアブル デブコナゾール水和剤 67   DMI剤 極高
 DMI剤における薬剤耐性菌発生リスクは、植物病理学上では「中」と評価されています。しかし、梨栽培においては代替となる効果的な成分が発見されていないため、耐性菌の発生が最も警戒されているため、耐性菌リスクを「極高」と評価しています。
 ※スコア水和剤の効果について、表ではアンビルフロアブルより低い効果となっており他のデータや実際の使用感に差があります。しかし、あえてそのまま表記しています。通常、効果で比較したときアンビルフロアブルよりスコア水和剤の効果が大きいとされています。


・DMI剤+予防薬
 DMI剤に予防薬を混用することで、単に予防効果を高めるだけでなく、耐性菌発生リスクを低下させることができると期待されています。
 混用できる予防薬の種類が少なく、混用に主に用いるベルクート水和剤は単体で予防薬として使用することを避け、混用時のみに用います。
DMI剤 商品名 予防薬 商品名 予防
効果
残効
期間
種  別 耐性菌
発生リスク
備 考
アンビルフロアブル + ベルクート水和剤 112 18 DMI剤+グアニジン系 DMI剤合算で
年3回以下
   
アンビルフロアブル + ユニックス顆粒水和剤 118   DMI剤+アニリノピリミジン系
インダーフロアブル
 10,000倍
+ ベルクート水和剤 109   DMI剤+グアニジン系
マネージ水和剤 + ベルクート水和剤 110 18 DMI剤+グアニジン系
スコア水和剤 + ベルクート水和剤 120 20 DMI剤+グアニジン系
・薬剤の成分種別で用いられる略称について
 ・DMI剤は、エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤)です。
 ・AP剤は、アニリノピリミジン系剤のことです。
 ・QoI 剤は、ストロビルリン系剤のことです。
 ・SDHI剤は、ボスカリドアニリド系剤のことです。


・有用なDMI剤と予防薬の混例事例
 ・アンビルフロアブル、インダーフロアブル、スコア顆粒水和剤、マネージドライフロアブル、オンリーワンフロアブル+チウラム剤(チオノックフロアブル・トレノックスフロアブル)
 DMI剤とチウラム剤を組み合わせることで耐性菌対策と相乗効果により防除価の向上。心腐れ症対策に効果が期待できます。

 ・インダーフロアブル、オーシャイン水和剤、マネージドライフロアブル、+有機銅フロアブル(ドキリンフロアブル・キノンドーフロアブル)
 DMI剤と有機銅剤を組み合わせることで耐性菌対策と輪紋病対策に効果が期待できます。

 ・アンビルフロアブル、インダーフロアブル、オーシャイン水和剤、マネージドライフロアブル+アフェットフロアブル(SDHI剤)
 DMI剤と系統の異なるSDHI剤を組み合わせることで耐性菌対策と相乗効果により防除価の向上が期待できます。

 ・ベルクート水和剤をベルクートフロアブルとする場合、計量に手間が減る一方で有効成分の濃度の違いから効果が低下します。また、混用事例による影響の結果は必ずしも同一ではなく、混用事例が確認されていない組み合わせもあります。


 この他、防除価が高く耐性菌リスクの高いDMI剤・QOI剤と予防薬の混用事例については、ナシの混用事例 DMI剤+殺菌剤(予防薬)

ナシ黒星病対策専門資料
 ・予防薬による防除は、ナシ黒星病の予防薬の防除効果・残効性・耐性菌発生リスク一覧表
  ・特効薬であるDMI剤は、ナシ黒星病のDMI剤の防除効果・残効性・耐性菌対策
   ・黒星病の治療剤は、黒星病殺菌剤の予防剤と治療剤
    ・DMI剤・QOI剤は、ナシの農薬混用事例 DMI剤・QOI剤+殺菌剤(予防薬)
     ・殺虫剤、殺菌剤の混用は、ナシの農薬混用事例 殺菌剤と殺虫剤
      ・殺菌剤2種と殺虫剤の混用は、梨の農薬3種混用事例
       ・越冬菌防除は、ナシ黒星病の秋季防除
        ・専門資料集は、ナシ黒星病 病原菌 対策資料集
 ・薬剤散布の効果を高める方法は、スピードスプレイヤーによる効果的な防除方法

ページトップに戻る