土壌改良1(石灰の使用)

 良い土作りには、土壌の養分バランスと果樹の地下茎の生育環境を整える必要があります。石灰の使用は後者の地下茎の生育環境の改善にあたる土作りとなります。

石灰肥料による土壌改良

・石灰使用の目的
 石灰の使用する目的の大半は、酸性土壌の中和作用ですが、石灰の主成分であるカルシウムはそれ自体が植物の重要な栄養素の一つです。また、苦土石灰を使用すると葉緑素の重要や栄養素の一つである苦土(マグネシウム)の補給することができます。この他、消石灰を使用することで土壌での一定の殺虫・殺菌効果があります。

・土壌中和の効果
 酸性土壌では、植物の成長が阻害されます。特に果樹の影響を考えたとき、根の発育阻害や栄養成分の水溶性変化から地中からの養分吸収が悪くなることで、有機肥料・化成肥料による効果が低下します。
 詳しくは、姉妹サイト:園芸栽培ナビ>園芸の栽培方法(準備編)>土壌ph測定器によるph測定と調整方法(別ウィンドウで開きます)

・石灰使用の誤解
 消石灰には殺菌・殺虫作用があります。実際、鳥インフルエンザの流行がニュースで報道されると、養鶏所の消毒でに石灰が使用されます。しかし、果樹栽培において殺菌等の効果による恩恵は殆どなく、表土を消毒できる程度です。果樹栽培における石灰使用では、土壌中和と養分(アンモニアやマグネシウム)補給のみの効果を期待して使用します。

・石灰使用の注意
 石灰肥料は、アルカリ成分により他の化成肥料と混ぜると化学変化をおこします。化学反応により植物対する薬害の発生。有効成分の気化等により化成肥料の効果が低下します。石灰肥料を使用後に化成肥料を使用する際、石灰を使用して概ね10日以上期間をあけて使用します。
 石灰肥料による化学反応等の影響では、消石灰>苦土石灰>有機石灰の順に影響が大きくなります。
 目安として消石灰の後では10日以上。苦土石灰7日以上。有機石灰翌日以降(有機石灰については同時使用でも支障がほぼない)の期間があることが理想です。

・石灰使用量の目安
 梨の栽培では、ph6が理想的ですが、経年変化や有機肥料の使用により影響を受け毎年変化します。一般(果樹栽培仲間)に、有機肥料の使用が多い程、比例して石灰の使量用を多くします。
 管理人では、6反(5,940㎡)当り、苦土石灰25袋(500kg)を年間使用量の目安としています。

・果樹栽培における最適pH
↑アルカリ性
7.0中性
6.5-7.0 イチジク 
6.0-7.0 ぶどう、あんず
↓酸性 6.0-6.5 キウイフルーツ、柚子 桃
5.5-6.5 うめ、りんご、なし、みかん、柿、梅
5.0-5.5 栗
4.5-5.5 ブルーベリー

・顆粒と粉末違い
 同じ消石灰(苦土石灰)でも顆粒と粉末タイプがあります。同じ質量でも体積が大きく違います。顆粒タイプは機械撒きにも対応して広範囲に撒きやすいですが、粉末と比較して同様の成分で価格が割高となります。広範囲に散布が必要ない場合や、土壌の攪拌を十二分に行う場合は、割安な粉末を大量に使用するほうが効果が期待できます。
 粉末使用では、風に飛散しやすいのでため風の強い日に使用することは困難となります。
苦土石灰の写真 ・粉末の苦土石灰
 アルカリ分55%、可溶性苦土17%内く溶性苦土11%
 灰色の質量が重く粒子が細かい粉です。
消石灰の写真 ・粉末の消石灰
 アルカリ分70%
 白色。粒子が細かい粉です。苦土石灰と比較して質量が軽いため体積が一回り大きくなります。
石灰の比較写真 ・見た目による比較
左:苦土石灰・右:消石灰
果樹園の石灰写真 ・果樹園での石灰肥料使用
 苦土石灰の粉を果樹園に散布。粉上のため均一散布は難しく白線を引いたように散布されます。
石灰と軽トラック写真 ・粉末の苦土石灰
 1袋20kg。質量が重く体積が小さいため少なく見えます。
 写真の量で、30袋600kg
 軽トラック最大積載350kgを大きく上回る量です。
石灰と有機肥料の写真 ・体積の比較 
 粉末の苦土石灰に同量となる20kgの有機肥料の袋を乗せた状態
・体積は、
 顆粒の石灰(化学肥料)の6割程。有機堆肥の7割程となります。
顆粒状の石灰肥料と手押し機肥料散布機 ・手押し式肥料散布機による使用
 手押し式肥料散布機を使用して均一に石灰肥料を散布します。
 肥料散布機を用いるとき、石灰の形状が粒状でないと拡散させることでできません。
・石灰使用の効果確認
 使用した石灰の効果を確認するにはPH測定をすることで解ります。測定方法は、姉妹サイト:園芸栽培ナビ内、「土壌ph測定器によるph測定と調整方法」にて紹介しています。 
農業の土づくり
 ・土作りのバランスについては、土作りの考え方
  ・堆肥の使用については、有機肥料の使用1
   ・石灰を用いた中和について、土壌改良1(石灰の使用)
    ・化学肥料の使用
     ・高度化成肥料の使い方
      ・トラクター管理機の効果については、土壌改良2
       ・油粕の使用については、果樹を甘くする有機肥料の使用
 土壌の酸性度(PH)測定に関することは、
 姉妹サイト:園芸栽培ナビ>土壌ph測定器によるph測定と調整方法(別ページで開きます)

ページトップに戻る