梨の収穫

 待ちに待った秋の収穫。一番楽しく、最も忙しくなる作業です。
 梨は、収穫時期や流通により食感が大きくかわる果物です。直売所や産地直送品と店頭での梨の違いは「梨の直売所と店頭の味の違い」にて紹介しています。
・梨の収穫時期
 喜水     7月下旬~8月上旬
 新水     8月上旬~8月15日
 夏しずく   8月上旬~中旬
 幸水     8月中旬~9月
 豊水     9月  ~9月中旬
 あきずき   9月  ~9月中旬
 二十世紀   9月
 新興    10月
 収穫時期は管理人の栽培地域である北陸をベースに表示しています。地域により前後1週間程度のずれがあります。

・収穫方法
 梨は実が大きく成長し収穫時期を迎えると、果実を支える軸が外れやすくなっています。
 梨の実を上方に持ち上げると、果実・樹木を痛める事なくスムーズに収穫出来ます。
 無理に引っ張り等をして収穫を行うと、翌年に向けての新芽が傷つき翌年の発育が悪くなります。
 枝や果樹棚等のより、上方に持ち上げるスペースが無い場合は、摘果鋏を使用し、軸の部分で切断して収穫します。

梨の収穫

梨の実写真 収穫時期を迎えた梨の実
 梨の実は、それぞれ個体毎に熟する時期が異なる為、外観による色の違いで収穫時期を見定めて収穫します。
 幸水や豊水では、色が赤褐色(黄色がかる)に変わると収穫時期です。写真では、色の違いが伝わりませんが右上の実が収穫時期のため、収穫します。
収穫画像 梨の収穫
 熟した梨は、上方に持ち上げるようにすると軸が簡単に外れて収穫することが出来ます。
 無理に引っ張ったりすると、軸の根元部分に負荷がかかり、翌年の葉芽を痛めます。

 梨の実を持つ。
   ↓
 梨の実を持ち上げる。
   ↓
 軸が「ポロ」と外れます。
梨の収穫写真
梨の収穫画像
梨の運搬用コンテナ写真 収穫された梨
 収穫用のコンテナに収め、果樹園から運び出し、選果場や、直売所に搬送されます。
・梨の収穫
 ・直売所や産地直送品味の違いについては、梨の直売所と店頭の味の違い
梨の選果・箱詰め
 ・梨の品質を確認する糖度測定については、梨の糖度測定

ページトップに戻る