受粉

 果樹の花が、確実に結実するように受粉作業を行います。受粉には、人の手で行う人工授粉とミツバチ等の昆虫を用いて自然受粉を促進させて行う方法があります。

・自然受粉の促進
 果樹結実では、単一品種では結実しない(結実しにくい)ものがあります。(結実しない例:プラム、 結実しにくい例:梨)
 そこで、効率よく結実につながるように異品種の準備や、ミツバチの等の受粉を手助けしてくれる虫の準備します。

・異品種の準備
 周囲で複数品種を栽培する方法が最も確実な方法です。鉢植えであれば、周囲に移動させるだけでも効率が良くなります。しかし、環境により複数の栽培が出来ないとき、次のような方法もあります。
 方法1:1本の果樹に異品種の枝を一振り、接木し開花させる。
 方法2:受粉時期に、異品種の枝を果樹の根元に置く。(ビンやバケツなどの差し、開花さえすれば受粉が可能です。)

・虫の準備
 受粉を行う虫として広く利用され、認知されているがミツバチです。ミツバチを飼うことが1番手っ取り早いですが、趣味の栽培ではなかなできません。
 しかし、実はミツバチ意外にも多くの昆虫が受粉を行います。
 残念ながら、アブの他、虫の名称までわかりませんが、春に果樹の花付近に飛び交っている数ミリ程度の小さい虫。そういった虫も受粉を行いますので、大切に歓迎しましょう。

・人工授粉
 人工授粉は、言葉の通り人の手により受粉させ結実させます。本職では、花粉を予め採取して受粉させます。しかし、そういった大げさなことをしなくても、簡単に受粉させれます。

・人工授粉の方法
 受粉させるには、花粉がつき交配すれば良いので、異品種の開花した花(開花直前の花でも可)をとり、結実させたい花に押し付けるようにして交配させれば、受粉が出来ます。結実させたい側が開花していれば、異品種(授粉側)が開花前でも花びらをめくって受粉させれます。
 品種により、開花時期が異なるので、授粉側は多少早い感じで無理をしても、意外に結実します。

・管理人果樹園の授粉
 管理人の栽培環境は、意図的に梨の品種を混在させて栽培しているため、結実しやすい環境となっています。そのため、毎年ミツバチを購入(レンタルも有)し、ここ10年は自然授粉の促進のみで経営しています。
 受粉時期に悪天候が続かない限り、大きな問題は発生していません。

摘花の方法

自然準
受粉の写真 梅の花の受粉
 梅の花をミツバチが受粉しています。
梨の受粉写真 梨の花の受粉
 おそらくアブと思われる虫による受粉です。ミツバチ程期待はできませんが、ミツバチ以外でも十分に受粉してくれます。
プラムの受粉写真 異品種の準備(簡易型)

 プラムの受粉に異品種を用意した状況です。
 プラムはソルダムしかないとき、自家結実しないため、知り合いより異品種プラム(大石)の枝を分けてもらい根元に水差しをして開花させます。。
ミツバチ ミツバチの巣箱

ミツバチの働きについては、
果樹栽培の害虫と益虫>ミツバチ(蜜蜂)



ページトップに戻る