苔取り

 古くなった果樹の幹は、樹皮の入れ替わりが遅くなることで苔が繁殖します。繁殖した緑の苔は、主にそぎ落とす等の方法により除去します。苔の除去作業は必須の作業ではなく、放置しても大きな問題となることはあまりありません。しかし、基本的に苔は除去することをおすすめしています。
・繁殖した苔の実害
 苔の繁殖が果樹に繁殖しても、直ちに発生するような直接の害はありません。しかし、放置することで苔や苔に含まれる水分等により少なからず弊害が発生します。

・苔を取る理由
 果樹の苔を取る。取らないは、基本的に栽培者の考え方です。管理人の苔を除去する理由としては、
① 気になるから・・・
 気になるものしょうがない。
② 幹の病害虫の発見が遅れる。
 カミキリムシの侵食が、表皮に繁殖する苔により確認がおくれ、発見時には深刻な被害になっている場合がある。
③ 表皮の腐食が早まる
 腐食した部分に苔が繁殖することで、保湿がなされ、健全な部分の腐食を促す。

・苔を取る方法
 方法として、鎌などで削ぎ落とすだけです。表面のみを削ぎ落とし、幹には傷をつけないので薬剤等の後処理は行いません。
 酢や化成肥料の硫安を水に溶かして霧吹きでかけると枯らすことも出来ます。
 この他、 農地等では使用できません(農薬ではない)が、レインボー薬品「こけとーるシャワー・スプレー」を使用すると土壌の表面等のこけを纏めて枯らせることができます。

・苔が繁殖する原因
 ・老木化や病気などにより樹勢の低下等により、樹木の樹皮の入れ替わりが遅くなった。
 ・樹木の付近に原因となる苔が繁殖し、胞子等が多く飛散している。
 ・多湿や日当たりが悪い等、苔の生育に適した環境にある。 など。
 コケの再付着を予防するためには、可能であれば原因の除去又は改善させるすることが必要です。

果樹棚の支柱追加

果樹の苔写真 苔の生えあ幹
 果樹の幹の根元から、苔が繁殖し表皮を覆っています。
苔を取る画像 苔の除去
 苔を削ぎ落とすようにして、苔の除去を行います。
苔を取った果樹写真 苔の除去完了
 苔が若干残っていますが、幹に傷をつけないよう、程々で作業を終了します。

ページトップに戻る