苔取り

 古くなった果樹の幹にはいつの間にか苔が繁殖します。繁殖した緑の苔を除去します。と言っても必須の作業ではなく、放置しても大きな問題はありませんが基本的には取ることをおすすめしています。

・繁殖した苔の実害
 苔の繁殖が果樹に繁殖しても、これといった直接の害は確認していません。むしろ、渇水となる夏場には乾燥予防の効果があるかもしれません。

・苔を取る理由
 果樹の苔を取る。取らないは、栽培者の考え方です。管理人が苔をとる理由としては、
① 気になるから・・・
 気になるものしょうがない。
② 幹の病害虫の発見が遅れる。
 カミキリムシの侵食が、表皮に繁殖する苔により確認がおくれ、発見時には深刻な被害になっている場合がある。
③ 表皮の腐食が早まる
 腐食した部分に苔が繁殖することで、保湿がなされ、健全な部分の腐食を促す。(促している気がする・・・)

・苔を取る方法
 方法として、鎌などで削ぎ落とすだけです。表面のみを削ぎ落とし、幹には傷をつけないので薬剤等の後処理は行いません。
 酢や硫安等を水に溶かしてかけると枯らすことも出来ます。

果樹棚の支柱追加

果樹の苔写真 苔の生えあ幹
 果樹の幹の根元から、苔が繁殖し表皮を覆っています。
苔を取る画像 苔の除去
 苔を削ぎ落とすようにして、苔の除去を行います。
苔を取った果樹写真 苔の除去完了
 苔が若干残っていますが、幹に傷をつけないよう、程々で作業を終了します。

ページトップに戻る